不妊治療専門病院で改善する【愛しのベイビー身籠る秘訣】

医者

妊娠しやすい体を作る

医者

妊活中なのに、なかなか妊娠できないいわゆる不妊症の場合、不妊治療を行う方がほとんどです。不妊治療は様々な方法があるので、まずは産婦人科での受診をうけ、医師やパートナーと話し合い、不妊治療を選択するべきです。 その不妊治療の際に、使用される一つが排卵誘発剤です。この排卵誘発剤は、卵子を育てるもので、排卵がなかったり、排卵がしにくい状態の時に処方されるものです。排卵誘発剤を摂取することで、排卵がおこり、妊娠が可能な状態にすることができます。また、正常に排卵はあっても使用することで、卵子の質の向上、排卵のタイミングを合わせやすくなるなど、妊娠しやすい体を作ることができます。 このように排卵誘発剤には、妊娠する上で必要な卵子をしっかり育てて、妊娠しやすい体を作り出す作用があります。

不妊治療に効果的な排卵誘発剤ですが、リスクが少なからずあることを忘れてはいけません。 まずは、排卵誘発剤により、卵子が数個出されることにより、双子などの多胎妊娠の可能性が高くなることです。不妊治療してる人にとって、双子はリスクに感じることはないのかもしれませんが、出産に関してのリスクは一人より双子の方が高くなってしまいます。 さらに、卵巣過剰刺激症候群になる恐れがあります。これは、排卵誘発剤により卵巣が過剰に刺激されることにより、卵巣が腫れてしまうものです。それによりお腹が張ったり、吐き気が出たりします。大体の場合、軽いものですぐ治るのですが、注意しておきましょう。 以上のように排卵誘発剤には、リスクも伴います。ただ、妊娠したいと望む人にとって、妊娠をしやすくさせる薬でもあります。ですから、リスクまでしっかり把握した上で、不妊治療を受けてください。

Copyright©2015 不妊治療専門病院で改善する【愛しのベイビー身籠る秘訣】 All Rights Reserved.