不妊治療専門病院で改善する【愛しのベイビー身籠る秘訣】

医者

最先端の内視鏡下手術

内視鏡下手術の特徴

smile

心臓手術や大腸がんの手術など、内視鏡を使った手術の症例が増加している。内視鏡を使用することによって、開腹することなく外科手術をすることができ、患者の肉体的な負担の軽減に繋がっている。川崎の産婦人科の病院でも最先端の内視鏡下手術が行われており、メスを使って開腹をすることなく、女性特有の病気の治療が可能になっている。川崎の産婦人科では、内視鏡を使った腹腔鏡下手術によって、子宮筋腫や子宮内膜症などを治療することができる。不妊症の治療も内視鏡下手術が可能になっており、不妊症で悩んでいる女性の多くが手術を受けている。内視鏡を使用することによって手術跡がほとんど残らないので、美容を気にする女性からの支持を集めている。

内視鏡下手術の豆知識

川崎の産婦人科の病院で行われている内視鏡下手術は、臍の下を直径1センチ程度切開し、そこから内視鏡を挿入して手術が行われる。操作器具は両下腹部を0.5センチほど切開して、そこから器具の操作を行う。内視鏡下手術だと、皮膚をわずかに切開するだけで卵巣腫瘍などの摘出手術が可能になる。患部の様子は大画面のモニターに鮮明なカラー映像で映し出され、拡大された病巣を確認しながら手術ができる。川崎の産婦人科では、内視鏡下手術は保険適用になり、最先端の手術を低料金で受けることができる。手術の様子は全て映像で記録されるため、医療事故を防ぐことにも貢献する。内視鏡下手術では輸血が行われることは稀で、輸血による感染症のリスクはほとんどない。

Copyright©2015 不妊治療専門病院で改善する【愛しのベイビー身籠る秘訣】 All Rights Reserved.